こんにちは、NY兼業主婦ブロガーのChloeです。

 

こちらでも話している通り、人生の新たな基盤作り!に、アメリカで会社を作ることにしました~!(軽い!)

 

Chloe
でも、アメリカでの会社設立って面倒くさそう・・

 

と、私と同じことを思った人に朗報です。今は会社設立って本当に簡単なんです。

 

今日は、私が使った、500ドルで簡単にアメリカのLLCもしくは株式会社が設立できてしまうサービスと、設立の経緯についてお話します!

 




アメリカでの会社設立をするには

 

いやぁ、めちゃくちゃ調べましたよー。

 

私、趣味でウェブデザインやプログラミングを勉強しているのですが、友達とアプリ制作をちょこちょこしているので、法人化することにしたんです。

 

(関連記事)
女性こそプログラミングを勉強するべきだと思う理由。私が独学を始めたきっかけ

海外の無料プログラミング教材がアツい。独学するなら絶対に使うべきおすすめサイト

 

私は株式会社(corporation)とLLCどちらもDelawareで検討していたのですが、

設立プロセスにおいて、まず選択肢としてあったのがこちら。

 

  1. 弁護士を雇う
  2. ウェブサービスを使う
  3. 自力でやる

 

まず弁護士ですが、めちゃくちゃ高ぇ・・!ニューヨークってやはり特に高いんですよね。

設立のフィーもろもろ抜きの弁護士費用だけでは確実に700ドルくらいはする感じ。

 

自力でやる場合はもちろんローコスト。

DelawareのLLCだとフィーは90ドルとかだったと思います。でもまぁ、面倒だし、何か間違うと嫌ですよね。

ということで却下。

 

ウェブサービスは上記その中間ですね。

しかし、NYに居住しながらデラウェアで設立するにあたって、registered agent(年だいたい100ドル)が必要になるのですが、初年度はどこも含まれていることが多い等、ベネフィットが多いです。

 

ということで、弁護士を雇うほどの余裕はないが自分で手続きするのは面倒ということから、ウェブサービスを利用することにしました。

 

Strip Atlas(ストライプアトラス)

 

ウェブサービスでもRocket Lawyerやが有名どころですが、私は結論からいうとStripe Atlasを使いました。

 

なぜStripe Atlasにしたか。

 

  1. Atlasのfounderコミュニティへのアクセス
  2. AWS等のクレジットがもらえる
  3. 約2週間で設立完了
  4. デラウェアでビジネス銀行口座を開設してくれる
  5. カスタマーサービスが秀逸

 

既に一万社以上がAtlasを使って起業しており、サービスを購入したfounderたちが参加できるオンラインコミュニティがあるんですね。

分からないことだらけな私にとって、そこで質問のやりとりができるのは魅力でした。

 

また、Amazon Web Serviceから5,000ドル、Google Cloudから最大10万ドルのクレジットをもらえるんです。

これはテック系で起業する人からするとうれしい特典。

 

カスタマーサービスも重要なポイント。

色々なサービスに問い合わせて話したんですが、Atlasがダントツ一位です。

 

レビューも同様のことを言っている人が多いです。不安なことが多い会社設立、頼れるカスタマーサービスはかなりポイント高いです。

 

ちなみに、デラウェアで設立する場合・・・

オンラインビジネスなら銀行口座もデラウェアの方がforeign registrationの観点などなど何かと都合がいい(税理士に要相談)ので、現地で銀行口座を作ってくれるのもありがたいです。

 

Legal Zoom(30日で設立パッケージ、遅い・・)やRocket Lawyerも同様の価格帯ですが、Stripe Atlasの方がコミュニティ等の特典が多いですし、利用した人の口コミもダントツでいいので、迷わずこちらをおすすめします!

 

Stripe Atlasの使い方

 

まずはここからアプリケーション送付。

Stripe Atlas公式ページ

 

Atlasによる審査があるんですが、もし通らなかった場合は当然500ドルは返金されるのでご安心を。

銀行と提携していたりするので、ネズミ講等々怪しいビジネスだったりすると落ちるみたいです。

 

Chloe
アプリケーション自体はびっくりするくらいすぐ終わります。

 

この後数日でレビュー結果が来るので、あとはドキュメント系に電子サインし、銀行口座を開設してもらうだけです。

 



アメリカでの法人・会社設立まとめ

 

いかがでしたか?

 

参考になった!と思っていただけたら、ぜひこちらから会員登録していただけるとうれしいです!

Stripe Atlas公式ページ

 

 

ちなみに・・・アメリカ在住なら知らないと絶対に損なネット銀行維持費ゼロで、毎月数百ドルの利子が入ってきます。

Chloe
こちらの記事で詳細にまとめているので、是非どうぞ。

チェー〇等、普通の銀行に預けるのは本当に勿体ないです!!

 

 

アメリカ生活で損しないために知っておきたい節約術はこちらにまとめていますので是非♪

アメリカ在住なら絶対実践したい!節約・貯蓄の6つの裏技まとめ

アメリカで買って良かった商品リストはコチラ!

アメリカ生活を何倍も豊かにする必須アイテム!買ってよかったもの6選

 

 

Chloe

役に立ったらシェア♪いつも応援ありがとうございます(^^)