こんにちは、Chloeです。

三日間という短い時間(実質二日間)で内定が出るボストンキャリアフォーラム。

私はこれまで学生として2回、米系投資銀行で働き始めてから複数回採用側で参加させてもらっていますが、事前準備をいかに周到に行うかが明暗を分けるということは言うまでもないと思います。

そこで今日は、ボストンキャリアフォーラムで内定を取るために必須の事前準備スケジュールと、おすすめホテルリストをまとめました。

 




ボスキャリで内定を取るための事前準備とタイミング

 

主な事前準備と理想的なタイミングは以下です。

  1. 参加申し込みとトラベルスカラーシップの応募(日程確定時)
  2. ホテルと飛行機の確保(日程確定時~半年前)
  3. 携帯とwifiの準備
  4. レジュメの作成と自己分析(半年前~)
  5. 企業への応募・面接対策(2か月前~)

1. 参加申し込みとトラベルスカラーシップの応募

 

このトラベルスカラーシップですが、なかなか侮れません。

住んでいる地域によって数十ドル~数百ドルが交通費として支給されます。

私も学生の時は非常に助かりました・・!忘れないうちに最初に応募しておきましょう。

Chloe
 ここでセーブしたお金はアクセスの良いホテルへの投資にどんどん回しましょう!

 

2. ホテルと飛行機の確保(日程確定時~半年前)

 

非常に重要です。特にホテル。

ボスキャリ直前になると、会場へのアクセスが良く、価格もお手頃なホテルはほぼ全て埋まってしまいます。遅くとも半年前には予約するようにしましょう。

また、ボスキャリは開場に合わせて到着してもすぐに面接ブースにたどり着くことはできません。実際最初のスロットの面接に遅れてくる学生さんを何人も見ています。開場30分前には着くようにしたいです。

Chloe
出来れば徒歩15分圏内のホテルを予約するようにしましょう。

 

おすすめホテルは後段で書きますね。

 

一方飛行機については、日本から参加する学生さんはボスキャリの日程が確定した時点で予約しましょう!

また、その場合必ず水曜日か遅くとも木曜の午後に到着する便にしたいです

 

理由は木曜にフライングでディナーを設定する企業がほとんどなのと、当日は想像以上に体力勝負なので、前日はある程度体を休めておいた方が良いからです。

木曜のディナーで内定を出すところもありますし、更には木曜のディナー前に個別面談を設定する企業も増えています。フライトの関係で参加できないというのは非常に勿体ないので、必ず前もって調整するようにしたいです。

アメリカの大学に留学しているみなさんは丁度ミッドタームが重なったりで日程が読めない・・ということもあるかと思いますので、なるべく早いタイミングで予約するようにしましょう!

3. 携帯とwifiの準備

 

会場にはwifiが飛んでいますが、電波が悪かったり、会社とのディナーで外に出ている時もガンガン面接のメールが入ってきますので、ポケットWi-Fiは必ず用意しましょう。

 

個人的にテレコムスクエアさんのWi-HO!(ワイホー)はカスタマーサービスの対応も良いですし、一番信頼度が高いです。

理由はカスタマーケアが手厚く、借りるのも返却も空港のセキュリティ前窓口で分かりやすいから。

テレコムスクエア(Wi-Ho!)

 

当日の混雑もありえるので、絶対に事前にネット予約しておきましょう。

 

 

また、現地の携帯電話は必須です!

分刻みのタイトなスケジュールで面接が入ったり、内定が出るボストンキャリアフォーラムはまさにドラマさながらです。

常に携帯でも連絡が取れる状態にしておかないと乗り切れません。

 

4. レジュメの作成と自己分析

 

ここにしっかり時間をかけることで、後に企業に応募する際のエントリーシート作成や面接対策の時にスムーズになります。

業界や会社の分析はもちろんある程度必要ですが、特に面接時間と回数が限られるボスキャリでは新卒の就活生にそこまでの知識は求めていません。

企業が見ているのは、自信を持って、ロジカルに自分のバックグラウンドや強み、キャリアに求めるものを語れるかということです。

Chloe
このプロセスは遅くてもボスキャリの半年前には始めたいです。

5. 企業への応募・面接対策

 

企業への応募は早ければ早い程良いですが、どの企業も似たような設問が多いですし、書類選考を通過すると電話面接が入るので、練習も兼ねてまずは志望度が低い企業のものを先に出すと良いと思います。

本命企業への応募は時間をかけてしっかりと添削を重ねるようにしましょう。

Chloe
開催ギリギリまで締め切りを設定している企業もありますが、面接やディナーの枠は事前に決まっているため、遅くとも開催2か月前までには応募しておきたいです。

 

面接対策については、しっかりと自己分析を行い、アピールポイントをまとめた上で、ひたすら声に出して練習することに尽きると思います。

ボスキャリでは面接の都度ノートを確認して練習するような時間はないので、土台となるエピソードや自分の強みを事前に頭に叩き込んでおきましょう。

 

面接のコツや業界分析の方法についての情報収集就活ノートを使っていました。

ボスキャリに来る大企業を含めた1,000社を超える企業の通過ES実例、リアルな選考情報、就活の心得・マナー等、面接前に知っておくべき情報が記載されています。

無料ですし、特にアメリカの留学生の方にとっては心強い情報源になるので、絶対に登録しておくことをおススメします!



 

おすすめホテル

 

私も採用の時に泊まっていましたが、断然イチオシはこの二つです!

シェラトン ボストン

ヒルトン ボストンバックベイ

 

理由は、会場のHynes Convention Centerに直結なのと、値段が高すぎないから。

 

口を酸っぱくしていいます!ホテル代はケチってはいけません!!!

遠くの安いホテルやAirbnb等を利用している学生さんを良く見ますが、ボスキャリは時間が限られ、かなり体力を消耗するので、すぐ帰れて朝も負担なく会場に着くことができ、快適でしっかりと休めるホテルを取ることは非常に重要です!

早いタイミングでホテルを予約してお友達とシェアしましょう。

 

ボストンの人気&おすすめホテル☆

その他、Hotels.comはセールが頻繁にあったり、お得な部屋が取れることも多いので参考にしてみて下さい。



終わりに

 

以上がボスキャリの事前準備になります!

私が採用も担当していた外資系投資銀行から内定をもらうためのコツについては、下にまとめていますので併せて是非参考にしてみてください。

元採用担当が教える、ボスキャリで外銀の内定を貰う秘訣①書類選考編

元採用担当が教える、ボスキャリで外銀の内定を貰う秘訣②電話面接編

元採用担当が教える、ボスキャリで外銀の内定を貰う秘訣③面接・ディナー編

 

就活のあらゆる情報は就活ノートに詰まっています。


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Chloe

シェア頂けるとうれしいです(^^)