こんにちは、Chloeです。

前回、ニューヨークでの就職活動についてお話しましたが、今日は関連してEADカードについてお話します。

※過去記事
ニューヨークで仕事を見つけるには

 

EADカードを申請してから無事送付されるまでの流れをまとめていますが、その間USCISやCongressmanに対して行った問い合わせ方法についても説明しているので、申請したのに届かない・・という人の参考になれば嬉しいです。

 




EADカードとは?

 

まず私のバックグラウンドですが、夫のL1ビザの帯同ビザであるL2ビザでアメリカに滞在しています。

私の持っているL2、またはE2ビザステータスの人は、EADカードという就労許可証を取得すればアメリカのどこででも制限なしで働けます

 

しかし、このカードを取得するまでにも一苦労あり・・・これがなかなか届かない!!!

実は近年、グリーンカード含め様々なビザ関連のお役所仕事に遅れが出ているため、カードが半年届かなかったなんて人もちらほら。

そんな時に私がどう対処したかについて次でお話します。

 



EADカードが届かない時の対処法

 

細やかで素晴らしいカスタマーサービスに慣れている私たち日本人。

アメリカのとにかく適当な諸手続きをこなしていくには忍耐と図太さがキーになってきます。

そうです、EADが届かない場合の対処法とは、とにかくしつこくUSCISと市の機関にありとあらゆる方法でクレームすることです!!!

 

これまでのUSCISとの闘いのタイムライン

2017年10月3日
アプリケーション送付

2017年10月6日
オンラインステータスが「Case Was Received」となり、申請書受領の届けI-797Cが届く

(ここから三か月音沙汰なし)

2018年1月10日
電話でService Requestを申請し、今どうなってるんですかと問い合わせするも、もう少し待て、とだけ返答が・・

2018年1月18日
またまた電話でExpedite Requestを申請し、仕事開始時期の関係から急いでもらえるようにリクエスト→即却下(理由なし)

2018年2月2日
痺れを切らし、アポイントメントを取った上で、USCISマンハッタンオフィスに突撃

 

USCISのオフィスに行ってみる

 

Service RequestもExpedite Requestも効かない・・・ということで、USCISオフィスに行くことに。

このアポイントメントがなっかなか取れないのですが、運よく翌日のスロットに空きが出たので、上記の通り、2月2日に行ってみました。

USCISでのアポイントメント予約

 

厳重なセキュリティーチェックを通り、番号札を取って順番を待ちます。そしてやっと自分の順番に。

Chloe
しかし・・・窓口の人、全く助けてくれない。

 

私は1月10日に既にService Requestを出しているので、そもそもなんでオフィスにきたの?と冷たくあしらわれる。

30日空けないと次のリクエストを申請できないそうで、またその時に来て!expedite requestは今日再度出せるからここではできないけど電話してみたら?と。

 

Chloe
再度リクエスト出してもどうせ何もしてくれないし教えてくれないだろっ

 

と悟り、ついに最終手段であるOmbudsman、Congressman、US Senatorの3つの機関に直談判して助けを求めてみることにしました。

 

続きは対処法②にまとめています!

EADカードが届かない場合の対処法②

 

アメリカで働く上で知っておきたい、保険制度についても併せてどうぞ。

知らないうちに損してます!アメリカの保険制度について徹底解説

アメリカの節約術まとめはこちら。

アメリカ在住なら絶対実践したい!節約・貯蓄の6つの裏技まとめ

 

Chloe

 

シェア頂けるとうれしいです(^^)