こんにちは、NY兼業主婦ブロガーのChloeです。

 

アメリカの住宅価格と住宅ローン金利、どこまで上がるんだよ!!!と思っていたみなさんに、朗報です。

 

Chloe
住宅ローンの金利は足元でピークを迎えたとのFannie Maeの見解!

 

となると、考えたいのは借り換えですよね。

そこで今日は、住宅ローンの利率および借り換えニーズに関してと、効率的に借り換えが検討できるおすすめサービスを紹介します。

 




直近の住宅ローン金利と借り換え

 

アメリカの住宅ローンの金利、ここ数年ずっと5%に届く勢いで爆上げしていたわけなんですが・・

ここに来て今、過去3年で最低数値を記録しています。

 

Chloe
30年の平均固定金利が3.73%をマーク。

 

これによって、米国のローン保有者およそ800万人以上が、現状よりも0.75%ほど低いレートで借り換えすることが可能になるとのこと。

 

これは一か月にしてなんと平均300ドル弱の節約につながるんです。

こりゃーでかいですよね。

 

また、このローン金利の低下によって6.3万人が新たに住宅ローンを借りることができるようになるとのこと。

 

住宅ローンは、通常数年後に借り換えることが多いですが・・・

現在の環境下では、リファイナンスコストを勘案しても、例え一年前に借りたローンでさえも、ローン保有者の4割近くの人にとって、このタイミングで借り換えた方が割が良いとされています。

 

実際に、先週の借り換え申請数は一年前同週と比較し、なんと92%もアップ。

 

Chloe
今のタイミングでしっかり検討したほうが良さそうです。

 

住宅ローンを借り換えるなら使いたいサービス

 

うーん、借り換えを考えてみるか~となった時、たくさんある金融機関にひとつひとつ相談するのは時間がかかるし、一苦労ですよね。

 

でも、複数の銀行からレートをもらい、条件を比較することは借り換えにおいて非常に重要です。

 

そんな時はLendingTreeがおすすめです。

1996年設立の歴史のあるサービスで、国内トップクラスの規模を誇るローン専門のモール・マーケットプレースです。

 

始め方は無料かつめちゃくちゃ簡単で、フォームに記入して送るだけ。

 

住宅ローンの借り換えはもちろんですが、新規住宅ローン車のローンなど、個人のニーズに合わせた各金融機関のプランを比較・検討、申し込みすることが可能です。

 

LendingTreeのアカウントを作ることで、同時にクレジットスコアも確認することができ、ローンやクレジットカード情報を統合して一括管理することが可能なのもおすすめポイント。

 

LendingTree公式サイト

 

Chloe
チェックするアカウントが分散して面倒になることも減ります!

 



アメリカの住宅ローン借り換えまとめ

 

いかがでしたか?

持ち家に住んでいる友人たちが騒ぎ始めているので、少しまとめてみたのですが・・。

 

まずは金融機関に問い合わせてみて、金利とリファイナンスコストを比較・検討してみることをおすすめします!

 

最後に、併せて検討しておきたいのがアメリカでの(ただの貯金という名の)資産運用。

 

アメリカ在住なら知らないと絶対に損ネット銀行です。維持費ゼロで、毎月数百ドルの利子が入ってきます。

Chloe
こちらの記事で詳細にまとめているので、是非どうぞ。

チェー〇等、普通の銀行に預けるのは本当に勿体ないです!!

 

 

アメリカ生活で損しないために知っておきたい節約術はこちらにまとめていますので是非♪

アメリカ在住なら絶対実践したい!節約・貯蓄の6つの裏技まとめ

アメリカで買って良かった商品リストはコチラ!

アメリカ生活を何倍も豊かにする必須アイテム!買ってよかったもの6選

 

Chloe

役に立ったらシェア♪いつも応援ありがとうございます(^^)